子どものしつけとは何か|40代一人娘ママ・親業の気づき

広告上段

スポンサードリンク

親として、子供の躾方法は、育児の中でもとても関心が高いテーマですよね。

どんな風にしつけると効果があるのか。

怒るより、褒めて伸ばす?

社会に出てから育ちが悪いと思われたら大変、など。

しかし、そもそも「しつけ」って何でしょう。

一人で何でもできるようになること?

社会に出ても困らないように育てること?

礼儀作法を教えること?

この記事では、子どもの「しつけ」について

気づきや、私なりの観点をご紹介させていただきます。

この記事のテーマ

子どものしつけとは何か|
40代一人娘ママ・親業の気づき

次のような内容でご紹介致します。

・子どもの躾とは何か

・子供を心配するより信頼する

・親の在り方

子どもの躾とは何か

しつけは親を真似ること

スポンサードリンク



子供は、お母さんをよく見ていてすぐに真似る。

逆に、子供をどんなにしつけようとしても、

実は、親が物事の本質を理解して習得していないと、

上辺だけでは子供には伝わらないのだそうです。

学問は、使う時に使えればいいもので、学びたいときにこそ、身になるもの

しつけは、親を「真似る」だけで身につくもの言われています。

ところで、学ぶの語源は、「真似ぶ」から来ているそう。

躾も、真似ることが入口となっていて、

私達、親がやっていることを、子供はしっかり習得しているそうなのですよ。

もちろん、真似て欲しくないところも!

つまり、自分自身がお手本になれていれば、しつけの大半はできるらしいのです。

確かに、「しつけ」というと「躾」という漢字からわかるように、

身の美しさという事がわかります。

そう、表面的な美しさというのは、親を真似ればすぐにマスターできるはず。

挨拶、

ご飯の食べ方、

歩き方や姿勢、

靴の脱ぎ方、

私たち親がお手本となれば簡単なことなのです。

問題は、親である自分はそれができているか。

ここだったのです。

思い返すと、子供は自分にそっくり

私の娘は、なんでこんなにひとつのことに集中できないのかしら。

なんて思い返すと、自分とそっくりでした。

家事の途中で思い立ち別のことを。

そして、また思い立ち、途中で別のことを。

気が付くとすべて途中のまま、出しっ放しで放置。

娘が部屋を散らかしているところも、実は私と同じでした。

ご飯をよく噛んでたべないところ。

お風呂が面倒くさいところ。

好きな人としか遊ばないところ。

すべてそっくりです。

自分ができていないのにしつけようとするのは、

自分を棚に上げないとダメですよね!

子供は、ただ親を真似ているだけなのですから。

子供を心配するより信頼する。

秋山佳胤さんの視点

先日、秋山佳胤さん(不食を実践されている弁護士さんです。)の書籍「いいかげん人生術」

を拝読しました。

その中で書かれていた秋山さんの視点が、本当に自由で素敵で、感激いたしました。

少しご紹介したいので、一部抜粋させて頂きます。

私は、「子供を教育しよう」
「しつけをしよう」と思っていません。
子供を「このままじゃだめなのでは?」
と心配するのではなく、
子供の存在自体に敬意を払い、
ひとりの人格の主体として、
その自由意思を尊重する。

子供の可能性と能力を信頼しながら、
一緒にたのしく過ごす。
これが親子双方にとって、
すてきなことではないでしょうか。

秋山さんは、ご自身のお子さん達と接する際、

「創造性に富む子供たちから、学ばせてもらおう、気づかせてもらおう。」

という思いで、

子供の声に耳を傾け、行動を観察されているのだそうです。

躾という概念とは全く逆の視点ですね。

未熟と思ってしまう子供に敬意を払い、

その自由意思を尊重する。

これは、そもそもの「子供」という見方を変えないと、

なかなか簡単にはできないことですよね。

躾と逆の視点

秋山さんのこの視点で自分自身を振り返ると、

まだまだ子供をコントロールしていることに気付かされます。

子供に敬意も払うという発想なんてなかったですし、

子供の自由意思を尊重するなんて、

そんな事をしたらめちゃくちゃになってしまう!

そんな思いで子供と接していたように感じます。

「このままではダメなのでは」と思い、

あれこれ口を出し、手を出してしまっています。

しかし、躾とは、親があれこれ口を出すこととは、

どうも違うようですよね。

親の在り方

自分はお手本になれているか

ここでも、秋山さんの本から抜粋いたします。

まず、自分のすばらしさ、
素敵なところを
自分自身で探し出して、
自分で自分をほめることをはじめてください。
心配で苦しくなっている部分にフォーカスするのではなくて。
それには
自分自身の日々の生活を楽しくするということから
はじめてはどうでしょうか。

子供のことはどうでもいいんです。
子供たちにまかせておけばいいんです。
それより親自身がたのしく過ごすことで、親の背中でもって、
「人生、やりたいことをやっていいんだよ」
「生き生きとたのしんでいいんだよ」
と教えられるわけですから。

どうぞ、たのしんでやってくださいね。
それが、子供とのことに限らず、
周囲との
付き合い方において、とても大切なことです。

素敵な言葉ですね。

まとめ

しつけとは、子どもに何かを教えるというよりも、

親を真似てもらうこと。

親としても、真似てもらうだけなので、本来はとっても楽なものです。

そして、本当に子供に豊かなもの、

幸せを手渡したいと思うのであれば、

まず、私達、自分が自分自身を豊かにする。

しつけを、と考える前に、

自分自身が幸せになるべきと、

親業でも習い、

全く同じことを秋山さんも仰っています。

本当にその通りですね。

子供に躾をあれこれ考えることは、とても大切なことですが、

それと同じくらい大切なことは、

自分自身の日々の生活を楽しくするということなのかもしれませんね。

子どものしつけは、

単に自立を促すようなものや、

表面的な美しさを教えることではなく、

子どもに自分らしく生きる力を与えること。

自分を愛し、他人を愛する素晴らしさを真似てもらうこと。

それは、親が自分自身を愛すること、

自分自身を信頼することから始めるべきなのだと実感しました。

【参考書籍】

このほかにも子育てについて、以下のような内容も書いていますので、よかったらご覧ください。

子育ての悩み失敗事例からの学び|40代一人っ子体験記

親が子供の言い方の変化に気付くコツと注意点|40代ママ体験記

子供の性格が恥ずかしがり屋なのは親が原因?|40代一人娘母記

親は子供の心が観えているか。|40代ママの視点

子育ての悩み|幼稚園の友達とのトラブルに親の在り方40代の感覚

育児ストレスのイライラとの向き合い方|40代一人娘育児体験記

子供にイライラする親は潜在意識に注目|40代ママ体験記

親は子供に命令するからできなくなる|40代一人娘親の意識

5歳前後の子供が親の言うことを聞かない理由|40代一人娘母記

広告下段
最後まで記事をお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする